これでパンクも乗り切れる

JUGEMテーマ:ロードバイク総合


今日は Mt.富士ヒルクライムですね

時間制限があるイベントでパンクに見舞われたりすると・・・
携帯ポンプで空気を入れると何回もポンピングしなければならず、時間と体力がどんどん削られてしまいます

そんなときの救世主が

         
CO2インフレータ
CO2カートリッジをとりつけて、一瞬で空気を入れられる便利なアイテム

購入しようと思ったら、何種類かある
さて、どれにしようかな

バルブタイプ

一番人気
頭の赤い部分を回すことで、CO2流出量の調整ができる
バルブがあることで使い勝手が良いらしい
3種類の中ではサイズが大きい



クイックスクリュータイプ

ボンベ接続部にある黒いダイヤルでCO2流出量の調整ができる
バルブタイプより小型



プッシュタイプ

インフレータを押しつけることでCO2流出
上手くやらないと失敗しそう
軽くて小さい シンプルイズベスト




初心者はバルブタイプ、レースとか上級者はプッシュタイプみたい

どれを選んでも、チューブ交換がうまくできないと




スポンサーサイト


         
  • 2018.08.16 Thursday
  • -
  • 18:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック